« 結露 | トップページ | 旅客機は »

タイムマシンで

またぼくがタイムマシンでやってきて肩をおとして帰っていった (丸山太一)


追記:枡野浩一のかんたん短歌blogでいただいたコメント

 意外となかったタイプのドラえもん短歌である気がして、参考のため残しました。

|

« 結露 | トップページ | 旅客機は »

2005年(旧ブログ)」カテゴリの記事

コメント

とつぜんのご連絡、失礼いたします。
小学館ドラえもんルームの、徳山雅記と申します。

このたび、小学館刊『ドラえもん短歌』刊行記念コンテスト(上半期発表分)
におきまして、枡野浩一先生の選考の結果、
あなたのドラえもん短歌が入選いたしました。
おめでとうございます!
下記のドラえもん公式HP内のコーナーで入選作の発表をいたしております。
http://dora-world.com/mail/dora_tanka.html

つきましては賞品の「ドラえもん短歌特製ブックカバー」
をお送りしたいと思っております。
お手数で恐縮ですが、お送りする宛先をお教えいただきたく、
下記あて、メール等でお知らせいただけますでしょうか。

今後とも「ドラえもん」並びに「ドラえもん短歌」をどうぞよろしくお願いします。

2006年3月13日

*******************
  小学館 ドラえもんルーム
       徳山雅記
  〒101-8001 千代田区一ツ橋2-3-1 
  TEL.03(3230)5894 FAX.03(3230)9744
tokuyama@mail.shogakukan.co.jp
*******************

投稿: 小学館・ドラえもんルーム 徳山雅記 | 2006/03/13 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215336/29535014

この記事へのトラックバック一覧です: タイムマシンで:

« 結露 | トップページ | 旅客機は »