« お別れの8:歩き出す | トップページ | 8月の短歌 »

7月の短歌

売り物ではありません 深夜コンビニで立ち読みしている少女がひとり (丸山太一)

白っぽい冬の空 冴える夏の空 祈りはいまも届かないまま

こんなにも重い空気のなかにいていつまで燃えていられるだろう

笑ってる人がいるから笑ってる ただそれだけの日にも夕焼け

どこを見るともなく見ている 思い出はピントがずれていて美しい

はじめての夜を迎えて少年の頃に戻ったぼくのいろいろ

がっくりと肩を落としているように椅子の背中にかかった上着

良し悪し悪し関係なしに作った順に並べてみました。

|

« お別れの8:歩き出す | トップページ | 8月の短歌 »

2006年(旧ブログ)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして  aquaさま
どんなん書いたらいいか、正直わかりませんが
自分の思っていることを短歌にするのがいいと思います。

投稿: 丸山汰一 | 2006/08/04 23時41分

初めまして!!頼みごとがあるんですヶド、
夏休みの宿題に短歌を書くつもりなんですヶド、
どんなんを書いたらいいとおもいますかぁ!?
教えてくれれば嬉しいです!!

投稿: aqua | 2006/08/02 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215336/29535082

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の短歌:

« お別れの8:歩き出す | トップページ | 8月の短歌 »