« 018:酸(丸山汰一) | トップページ | 020:メトロ(丸山汰一) »

019:男(丸山汰一)


足もとでつながっている男性の影が疲れている夕まぐれ
 

|

« 018:酸(丸山汰一) | トップページ | 020:メトロ(丸山汰一) »

題詠blog2007(旧ブログ)」カテゴリの記事

コメント

始めまして。私のは小説系ブログですが、俵万智さんが審査してくれる、「サラダ記念日・短歌くらべ」という短歌募集企画があります。自分だけの愛情サラダがあったらそれを短歌にしてみたらいかがでしょう。応募先は以下です。皆さんおいしい感動は短歌にする!です。
http://www.yomiuri.co.jp/adv/tanka/

投稿: asortom | 2007/05/17 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215336/29535105

この記事へのトラックバック一覧です: 019:男(丸山汰一):

» 019:男のうた [花夢]
3月1日 あけがたの始発ホームですぐにでも発芽しそうな男をみかけた 富田林薫 前世は原爆で死んだ男だとおもうよ 唐突にあなたが言う 野樹かずみ 足もとでつながっている男性の影が疲れている夕まぐれ 丸山汰一 やせがまんするが男の生きる道 たまごは固く茹でねばならぬ 史之春風 やがてその男も死ねば新緑を濡らす雨より美しい日々 ひぐらしひなつ 圧倒されました。 男よ、ここまで来るのか。 野樹かずみさん、ひぐらしひなつさんの言葉の迫り具合がうっすらと怖いです。 私、インターネット上で男性・... [続きを読む]

受信: 2008/03/01 15時49分

« 018:酸(丸山汰一) | トップページ | 020:メトロ(丸山汰一) »