題詠blog2009

019:ノート(丸山程)

古ぼけたノートに残る筆跡は今よりずっとしあわせそうだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

018:格差(丸山程)

一本の補助線によりつぎつぎに新しい名の格差は生まれる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

017:解(丸山程)

ていねいに分すればもう一度やり直せるかもしれないでしょう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

016:Uターン(丸山程)

Uターンできそうにない勢いで日々の暮らしに流されている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

015:型(丸山程)

ぼくはただ最新のロボットを動かすための神経だった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

014:煮(丸山程)

いつもより物の味が濃いけれど何があったか聞かないでおく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

013:カタカナ(丸山程)

カタカナで会話したがる人たちが多くて耳をふさぎたくなる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

012:達(丸山程)

人生を楽しんでいる人がいるってことが信じられない

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011:嫉妬(丸山程)

それほどのものでもなかった 手に入れる前はあんなに嫉妬したのに

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

010:街(丸山程)

なにもかも変わってしまったこのをこれからもずっとふるさとと呼ぶ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)